想定外でも無問題な彼女に驚き|こんな時こそアフターピルで確実な避妊

避妊効果のアフターピル

アフターピルの避妊薬の効果について|コンビニ薬局
アフターピルとは、性交中に想定外の事が起こり避妊に失敗する事や女性の方が強姦等の性犯罪の被害者となった際に用いられ必要とされる緊急用の避妊薬とされ、低用量OCの飲み忘れやコンドームの破損あるいは膣内で外れるといったやむを得ない状況で投与を可としている医師により処方が行われる女性ホルモン剤となり、アフターピルで代表薬的な避妊薬とされるのがノルレボであり、国際的にも必須薬として認められており、これにはアイピルという後発薬も存在するので万一の状況に備えて常備しておく事で緊急時に焦らずに済み、ほぼ確実に女性の方が望まない妊娠を回避する事が出来るとしています。
先行ノルレボや後発アイピルは性交後から72時間以内に内服を行わなければ効果が無いとされており、種類が他にも有り場合によっては内服から12時間を経過した時点で二回目の内服を必要とする事が有り、女性の方に起こる排卵はFSHやLG等の性腺刺激ホルモンにより卵胞を成熟させる事で排卵を起こすとされているので、二つのホルモン分泌を抑制する事で排卵遅滞を起こさせたり排卵自体を抑制する事が出来るとしており、排卵後の内服となる場合にも受精卵が着床する子宮内膜が増殖される事を防ぐ事が出来るので着床を防止し妊娠を成立させないとしています。
避妊具等を用いても性交により妊娠成立の確率は高くて15%程有るとされており、アイピル等のアフターピルを内服する事で妊娠する確率を1%程に留める事が出来るとしており、阻止出来る確率は80%にもなると言われており、内服のタイミングを72時間以内としていますが出来る限り早い方が効果を高める事が出来るとされ12時間以内の内服であれば60時間から72時間以内の内服と比べ妊娠を防げる確率が八倍も変わるという臨床試験の報告も出ています。
緊急時のみに内服する避妊薬となるので毎回の内服はする事が出来ず、低用量OC等に比べその副作用は強く現れるので体への負担も考慮し万一の時以外の内服は控える必要が有ります。